日本サイ科学会会員、関西日本サイ科学会サポーターの皆様へ

関西日本サイ科学会の月例研究集会は2019年5月で437回を超えました。超能力ブームに沸いた1970年代にスタートして、約40年の歳月を経たことになります。時代はすっかり変化しましたが、サイ科学という領域で今日まで続けてこられたのは、先人たちの思いや努力もさることながら、時代のニーズに応えてきたという側面もあるでしょう。デジタル化、少子高齢化、人口減、家族形態の変化といった今日の状況で、わたしたちはどのように生き、暮らしを守ればよいのか-。現在の科学では説明できない現象を探求し、そこから得られる果実を探していくのが、当会の役割ではないかと考えます。これからも皆様方のご支援を、よろしくお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会会長 和田高幸

サイ科学とは...

PSI(サイ)は「際」(きわ)

明確に分類できないがさまざまな学問と関連する、いわゆる学際的な領域における不可解な事象、真贋を判別しがたい超自然的で未知の現象についてアプローチするのがサイ科学。未知の現象に対し筋道をたてて本質を探ろうというのがサイ科学会の姿勢です。

有用な情報に耳を傾け、多方面の専門的分野から検討し、仮説を立ててわかりやすく説明することを心掛けています。仕事や生活、生命活動の向上に役立つ情報を共有し、交流することを大切にするのも本会の特徴といえるでしょう。

お知らせ


2020/9/10 資料・論文
太陽の黒点活動は、気象のみならず感染症とも関連しているようです。コロナ禍の行く末を判断する材料として、天文学者、桜井邦朋博士の記事(1982)を掲載します。


研究集会の定員は通常30名ですが、新型コロナウイルス蔓延の折、座席は約半数に制限しております。
参加を希望される方は、座席を確保するため、当ウエブサイトからあらかじめお申込みいただけますようお願い申し上げます。


新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な蔓延による政府の「緊急事態宣言」延長の報を受け、5月23日(土)に予定していた関西日本サイ科学会研究集会(牧野持侑講師)の延期を決定いたしました。期日についてはあらためてご案内させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

令和2年5月4日
関西日本サイ科学会 会長 和田高幸


2020/4/15 「大祓詞」(中臣祓)講義録(日本最終神祇師・片山公壽氏による)を掲載しました。


米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が、世界全体ですでに100万人を超えたということです。死者も5万人を超えるなど、ウイルスは猛威を振るい続けており、長期戦の様相を呈しています。医師や医療従事者の過労や罹患者からの感染リスクも大きく報道されており、現場では医療崩壊の危機も叫ばれています。

さて、関西日本サイ科学会4月18日(土)の研究集会は、中止することになりました。講師は現役医師として責任ある立場にいますが、そのため日々増加するウイルス感染者への対応に追われています。これにより講師が保菌者となることも想定しなければなりませんが、受講者への感染を予防する見地から、今回の研究集会中止の決定に至りました。参加をお申込みいただいた皆様方には深くお詫び申し上げます。高木博士の講演につきましては、あらためて日時を設定して皆様方にお知らせいたしますので、ご高配、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

According to a survey by Johns Hopkins University, people infected with the new coronavirus
That's already over one million people worldwide. More than 50,000 dead,
The virus continues to flourish and is in the shape of a long battle. Doctors and medical
The overwork of workers and the risk of infection from affected individuals have been widely reported.
Crisis of collapse is shouted.

By the way, the research meeting on April 18 (Sat) of the Kansai Japan Rhinoceros Science Association will be canceled.
did. Lecturers are in a responsible position as active physicians, and as a result
We are busy dealing with people infected with ills. This can make the instructor a carrier
It must be assumed, but from the viewpoint of preventing infection to the students, this study
It has been decided to cancel the rally.

We deeply apologize to those who have applied for participation. Dr. Takagi's lecture
We will inform you about the date and time again.
Thank you for your high delivery.

* Workshop "Dowsing" Lecture (Supplementary) 4/19 (Sun.) 12: 00-14: 00, 14: 00-16:00 will be held as scheduled (10 people each time).

Above, until the announcement.

 

令和2年4月4日
関西日本サイ科学会  事務局


新型コロナウイルスによる感染者の増加で国内外に影響が広がっています。14世紀に中国で発症、隊商路を沿(つた)ってヨーロッパに蔓延した腺ペスト(黒死病)では約7500万人の死者が出たといわれていますが、生き残った人は少なくありません。感染あるいは発症して免疫を獲得、その後完治した人も多数含まれているはずです。

日本では毎年10万人以上が肺炎で亡くなっていますが、そのほとんどが通常の風邪やインフルエンザをこじらせたのものだといわれています。したがって、新型コロナウイルスについては、こんごワクチンや薬剤の開発など治療技術の向上により、死亡者数は減少することが予想されます。とはいっても、石鹸による手洗いやうがいの徹底、また日光にあたって適度の運動をするなど、免疫力アップに努め、予防することが求められるのは申すまでもありません。

なお、関西日本サイ科学会の行事につきましては、法的規制がない限り、予定どおり催行します。中止または延期があればHPを通じてお知らせしますのでよろしくお願いいたします。

皆様方のご健勝、ますますのご発展をお祈り申し上げます。

令和2年4月1日
関西日本サイ科学会 会長 和田高幸


令和2年2月末日

新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、集会などの中止事例が多数報道されていますが、関西日本サイ科学会の研究集会および分科会につきましては、従来どおり催行する予定ですので、お知らせ申し上げます。

今回の新型ウイルスについては感染経路や変異過程、病変部位など不明瞭な点も少なくありません。皆様方におかれましては、外出後は石鹸を使っての手洗いやウガイの徹底により、感染の予防におつとめ下さいますようお願い申し上げます。

関西日本サイ科学会 事務局


2020/4/2  資料、論文のコラムに、ほぼ十年前の新型インフルエンザ流行の折の新聞記事掲載しました。

研究集会のお知らせ

参加希望者は、開催3日前までに当サイトの「参加予約」フォームでお申込みください。
定員を超えてお断りする場合がありますが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

今後の予定

日時・開催場所 タイトル・講師
第452回
10月17日(土)13:30~17:00(13:00開場)
まつむし音楽堂
「現役医師が体験した未知のサイ現象について」 ~UFOの目撃を巡る異常体験と身体的影響など~
講師:高木伴幸氏(内科医師、医学博士)
※4/18実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染予防のため中止になっていた講演です。
第453回
11月21日(土)13:30開演(13:15開場)
大阪市立阿倍野学習センター(講堂)
人生の質を高める「魂」リーディング
講師:橋本和哉氏(医療法人春鳳会 はしもと内科外科クリニック理事長、医師、医学博士)

【会員発表】の募集について

研究集会では、会員による研究発表の時間を設けています。
会員発表を希望される方は、「参加予約」フォームからご応募ください。
          ☆ ☆ ☆
応募資格:原則、日本サイ科学会会員であること。 事前の書類審査があります。  
発表テーマ: サイ科学会の探求分野に遠からず沿ったものであること。
体験談のようなものも歓迎します。特定の団体や商品のPRがあってもOKです。

・発表時間:15分 
・プロジェクター、パソコンの使用が可能です。
・一般的な学会発表と同様に事務登録料(¥2000)が別途必要となります。

第452回 関西日本サイ科学会研究集会

「現役医師が体験した未知のサイ現象について」
~UFOの目撃を巡る異常体験と身体的影響など~

講師:高木伴幸氏(内科医師、医学博士)

日時:10月17日(土)13:30~17:00(13:00開場)
(4/18実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染予防のため中止になっていた講演です。)

会場:まつむし音楽堂
会費:会員及び同伴の家族¥2,000 非会員¥3,000(初回参加者¥2,000) 学生¥1,000

参加のお申込みはこちら


講演内容:

 高木博士は現役医師として重責の立場にありますが、幼少よりUFOなど未知の現象に接し、また撮影するなど実体験も多くサイ現象の解明に積極的に取り組んでおられます。今回は常識を逸脱した体験や海外文献による研究事例など、未発表の情報も含めてお話しいただく予定です。

 

『私はこれまで27年以上、UFOを探して継続的に空を観測してきました。観測の結果、物体の形状をしたいわゆるUFOを至近距離で見ることができたのですが、UFOとは言い難い未知の空中現象のあることも分かりました。その中には写真などに記録された確かな現象もあれば、写真などの証拠のない現象もあります。そこで個人的に観測した未知の空中現象を、次の4つに分類しました。

1つ目は写真のある近距離の現象です。近距離に定義はありませんが、ここでは10mから30m程の距離を指します。10m未満の可能性もありますが、正確な距離はわかりません。「目の形の雲と動悸と不思議な写真」、「日中に音を立てて高速移動する発光体」、「夜間の2つの発光体と動悸」をお示しします。

2つ目は写真のない近距離の現象です。「辺縁の空気が虹色に発光する低速の黒色物体」、「浮遊する発光球体」、「超高速の発光体」をお示しします。

3つ目は写真や動画があっても遠距離のために詳しい事のわからない現象や不思議な体験です。「夜間に出現する発光体」、「体外離脱のような体験」をお示しします。「体外離脱のような体験」については医学的な見地からも考察します。

4つ目は不思議な現象ですが、見間違いや思い込みの可能性を否定できないものです。「オレンジ色に発光する飛行物体」、「不自然な雲」をお示しします。

これらの結果より、①空にはいわゆるUFOという物体だけでは説明のつかない未知の現象、つまり未確認空中現象が存在する、②周囲の状況を正確に把握して、遠隔的に人間の身体に変化を及ぼし、未知の空中現象を引き起こす高度な知性が存在する可能性がある、ということが分かります。また、体外離脱体験について、今後は人間の意識を踏まえた研究と、実際に意識が離脱しているのかどうかの検証が望まれます。』

 

講師のプロフィール:

高木 伴幸 氏

内科医師。医学博士。1970年和歌山市に生まれる。日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本医師会認定産業医、日本臨床検査医学会臨床検査管理医の資格を持つ。「ABCC8遺伝子変異(Pro1198Leu)による新生児糖尿病の臨床的特徴と機能解析」の研究で医学博士の学位授与。第53回日本糖尿病学会年次学術集会でプレジデントポスター受賞。私生活では小学生の頃より未知の現象の目撃や体験を繰り返している。大学生の頃にUFOなどの未知の現象に興味を持ち、以来、個人的に空を観測しUFOを目撃したり不思議な現象を撮影したりしている。個人的な活動として、「UFO接近遭遇-未訳本の紹介」というサイト (https://daisuke-ufo.amebaownd.com/)で日本語に翻訳されていない海外のUFO関連の本を要約して紹介している。Twitter (https://twitter.com/UFO_Tom)。

第453回 関西日本サイ科学会研究集会

人生の質を高める「魂」リーディング

講師:橋本 和哉 氏(医療法人春鳳会 はしもと内科外科クリニック理事長、医師、医学博士)

日時:11月21日(土)13:30開演(13:15開場)

会 場:大阪市立阿倍野学習センター(講堂)
会 費:会員及び同伴の家族¥2,000 非会員¥3,000(初回参加者¥2,000) 学生¥1,000
懇親会:同ビル地下1階「わのわ」にて開催予定 会費3000円 定員15名

※会員発表(13:15~13:30)は 未定 ☆会員発表は随時募集中です!☆

参加のお申込みはこちら


講演内容:

 初めて会った人なのに以前にも会ったような気がする、そんな経験をおもちではないでしょうか?
 それはあなたの「魂」が過去世において既に何度か会っているからかもしれません。「魂」はあなたの奥深い無意識のなかで相手の「魂」を感じ、気のおけない仲間かそうでないのか? まで瞬時に見分けているのです。
 また幼い頃からピアノがうまく弾けるなど驚くような才能を発揮する子どもがいますが、これは過去世で何十年もピアノを引いていたことを「魂」が覚えているからでしょう。才能とは何なのか、ここからうかがい知ることができます。
 「魂」には何世代にもわたる過去世の歴史など莫大な情報が刻まれています。もし「魂」の情報を読み解くことができたら、人生が生きやすくなりますし、その質もきっと高まるにちがいありません。どんな仕事が向くか?誰を雇えば良いか?誰と仲間になれば良いのか? などが判断できて良いことづくめです。
 講座では、「魂」リーディングにより上手くいった症例を紹介します。また実習を交え、「魂」リーディングについて解説します。さらに「魂」を複数個持っている人、「魂」を身体から出したらどうなる、「魂」の大きさ、「魂」が喜ぶ事と私が喜ぶ事には微妙にずれがある、「魂」は宇宙を遍歴する、神の分け御霊(みたま)、など総合的な見地から、「魂」とは何か? を考え、どのようにしたら健康でイキイキと生きられるのか、についてお伝えする予定です。
 ご来場をお待ちしています。

 

講師のプロフィール:

橋本 和哉 氏

大阪府生れ。大阪大学医学部大学院修了。医学博士。医療法人春鳳会 はしもと内科外科クリニック理事長。内科、神経内科、漢方などを専門とし、臨床に医療ヨガや気功を取り入れ、独自に開発した気当て診断、天賜気功で原因不明の疾患に対処やスピリチュアルな診療もしている。
神経学会専門医、東洋医学会専門医、内科学会認定医、温泉療法医、NPO癒しと健康ネットワーク理事長、日本サイ科学会理事、関西日本サイ科学会幹事、ホリスティックスピリチュアル医学研究会理事。著書に、「医師が語る霊障」(創芸社)、医療ヨガに関する本。

「PSI(サイ)実験室」分科会のお知らせ

月例の研究集会における事案についてさらに深く掘り下げ一般化するため、2018年10月から「PSI実験室」として分科会がスタートしました。 従来の科学的手法を踏襲しつつも、その枠組、範疇で分類、分析、測定できない現象について知見を深め、サイ科学的方法論を見出すべく活動するのが目的です。ホストは川村副会長がつとめます。

会場は、まつむし音楽堂
当日ご来場くだされば、予約なしでも参加していただけますが、準備の都合で「参加予約」フォームを設けています。
ご都合によりキャンセルされる場合もご連絡は不要です。お気軽にご参加ください。

10月

「ROOTS & ROUTES」(起源と行く末)
『栗本学研究会』第3回(神名、地名、人名を読み解くと・・・)


日 時:10月4日(日)14:00-16:00

会 場:まつむし音楽堂 2F Aスタジオ  
    阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、大阪メトロ谷町線「阿倍野」駅から徒歩10分
定 員:10名

参加費:1500円

進行:和田高幸(関西日本サイ科学会会長)

参加のお申込みはこちら

 「音転原理」(言霊、日本語の読み)により神名、地名、人名を解読しながらわたしたちの祖先の姿を復元します。戦時中は海軍通信兵として広島で暗号解読に従事した栗本栄春(くりもと・しげはる=故人)氏の著書、「日本人の起源明らかなり」「古事記の暗号書を解読」「植物は有機栄養している」「健康で長生きのしくみ」をもとに、地球環境と世界、高齢社会の行く末を探ります。近未来、日本が世界を主導するためには、栄光のルーツをもつ日本人として、これを示すオーラ(光背)が不可欠です。 講座では、古事記や日本書紀に残された神名、人名、地名などを音転原理により解読、歴史の真実を読み解いていきます。

講座は、「言霊(ことだま)の伝承をもつ日本語の特徴を重視しており、言語(特に文字)にこだわることなく左右脳を横断します。質問、発言は自由です。ぜひ、ご参加ください。

「日本人の起源明らかなり」カバー
クリックすると拡大表示します。

 

テキストはその都度用意しますが、参考図書として、

「日本人の起源明らかなり」(9000円)
「古事記の暗号書を解読」(3000円)
「健康で長生きのしくみ・植物は有機栄養している」(2500円)

などが入手可能です。残部些少ですが在庫限り販売する予定。

 


 

第5回 ダウジング研究会

講師:和田高幸(関西日本サイ科学会会長)

日 時:10月18日(日)14:00-16:00
会 場:まつむし音楽堂 2F Aスタジオ  阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、大阪メトロ谷町線「阿倍野」駅から徒歩10分
参加費:1500円
定 員:10名

参加のお申込みはこちら

 ダウジングで何ができるか、初心者の方の疑問にもお答えします。
ペンジュラム(振り子)などの道具は自作可能、日頃お使いのものがあればご持参ください。講座はオープンで、とくにきめられたカリキュラムやテキストはありません。必要に応じて実技指導を行いますが、質問や発言は自由です。ご自身の経験や気になっていることなど、気軽にお話しください。

ダウジングは、主として右脳が知っていることをリサーチするサイエンスで、感覚機能を重視します。リサーチする対象(ターゲット)にいかに接近するか。左右脳の使い分けも大切な要素ですね。

 

なお第6回 11月29日(日)(予定)から使用器具に応じて時間帯を分けることになりました。

  1. 13:30-14:00 *カメロンオーラメーター使用者(新規を含む)が対象となります。
    参加費:無料
  2. 14:00-15:00 ペンジュラム、Lロッドなどの使用者が対象ですが、初心者もOK。ペンジュラム、Lロッドは自作可能。貸出も可能です。
    参加費:1000円
  3. 15:00-16:00 「マップダウジング」 実用性の高いマップダウジングの演習です。
    *ペンジュラム、定規、色鉛筆、マスキングテープ(あれば)などをご用意ください。
    参加費:1000円

◆欧米のプロダウザーたちが愛用するカメロン・オーラメーター(米国製)は、ステンレス製@28,000(税込)、銅メッキ製@33,000(税込)で頒布しています。いずれも在庫切れとなっていますが予約を受け付けます。購入者には付録として90分の無料講習券(個人レッスン)と小冊子「ダウジングのすべて」(オンデマンド版)がついています。

 

講師のプロフィール:

和田高幸(わだ・たかゆき)。世界的に著名な米国のプロ・ダウザー,故ビル・コックス氏を日本に招きスーパーサイエンス・シンポジウム(1993)を開催、かたわら淡路島のY学園(1995)、京都府のM食品メーカー(1997)などプライマリーウオーター(処女水)鑿井プロジェクトにかかわり成功に導いた。コックス氏との交流を通じてダウジングの体系と技術を習得、脳や感覚器官と探知能力、フォーム(かたち)とエネルギーの関連についても知見を拡げ、地図や写真上でのダウジング調査を実用化している。著書に「直観と環境テクノロジー」(ビル・コックス氏ほかと共著)「ニュートラルポイントの秘密」「未知の彼方へ~神秘のUFO写真集」「定本・言霊予知術」ほか。論文に「生命観の確立に果たす音の作用と意識への影響について~言霊の解明とセラピーへの応用」(社団法人生命科学振興会研究助成論文)「音楽療法概論」「Lighting Associated with UFO Phenomena」(SSE) ほか。元産経新聞記者、関西日本サイ科学会会長、日本ニュートラルポイント研究所代表。

▲TOP